長野県のニュース

斜面

白、ピンク、赤。あでやかな3色が新緑の中にこんもりと盛り上がる。阿智村の山あいにある月川温泉郷。高台からは満開のハナモモを一望できる。道路に下り花のトンネルをくぐって散策すればさながら「桃源郷」の気分ではないか

   ◆

27年前に宿泊交流施設の社長が「人が少ない殺風景な山里に嫁いできた女性らの励みになれば」と植栽を始めた。住民も加わって毎年植え続け今はおよそ5千本を数える。白い花が咲く木、赤1色の木もあるが多くは1本の木に3色の花が混じって咲く

   ◆

枝によって「咲き分ける」品種である。大阪市立大理学部准教授の植松千代美さんのチームがまだ解明されていないこの仕組みを研究。原因となる遺伝子の一つを取り出すことに成功した。ピンク色の色素合成に関わっており白い花びらの着色を促進する役割を担っているという

   ◆

植松さんはこの遺伝子を英語のpeach(桃)などの頭文字を採って「Peace」(平和)と名付けた。研究が行き詰まった時に的確なアドバイスをしてくれた英国の研究所の女性指導教員がリベラルな平和主義者だったから、と植松さんに聞いた

   ◆

中国の詩人陶淵明が描いた桃源郷は戦乱を逃れた人々が暮らす別天地だった。阿智村には満蒙開拓平和記念館がある。戦時中に旧満州に送り出された移民たちの苦難の歴史を伝えている。ハナモモは温泉郷はじめ村内各地で咲き競う。花をめでつつ平和の大切さもかみしめられる里である。

(4月26日)

最近の斜面