長野県のニュース

松本山雅8期連続黒字 運営会社が株主総会

松本市内で開いた松本山雅の株主総会松本市内で開いた松本山雅の株主総会
 サッカーJ2松本山雅FCの運営会社は25日、松本市内で株主総会を開き、第8期(2017年2月〜18年1月)の決算を報告、承認された。売上高は前期比2・9%増の19億9000万円余、純利益は同67・2%減の4700万円余で、8期連続の黒字となった。

 昨季は天候不順やチームが波に乗り切れない状況が続いた影響で、入場料収入とグッズの売り上げが減少。一方、昨季からJリーグ全試合を有料配信する「DAZN」を運営する動画配信大手パフォーム・グループの支援で、Jリーグ配分金収入は大幅増となった。

 選手や監督、コーチらの報酬などに当たるチーム人件費は同10・6%増の9億3000万円余で過去最高となった。

 神田文之社長(40)は総会後の取材に「今後も選手や指導者の育成、強化などにより効率的に投資をしていきたい」と述べた。取締役の北原洋一氏(65)は定年で退任。同氏以外の取締役7人は再任された。

(4月26日)

長野県のニュース(4月26日)