長野県のニュース

法定合併協設置求める住民発議へ署名開始 諏訪湖周3市町のグループ

 岡谷市、諏訪市、諏訪郡下諏訪町の合併を目指す住民グループ「行政間の垣根を無くす会」の岩村清司会長(下諏訪町議)らは26日、法定合併協議会設置を住民発議するのに必要な署名集めを始めた。合併特例法に基づき、5月24日までに3市町ごとに有権者の50分の1以上の署名が集まると、3市町の首長に法定合併協の設置を発議することができる。

 3市町ごとに代表者が必要で、岡谷市は武井茂夫元市議、諏訪市は増沢義治市議、下諏訪町は岩村会長が務める。3人と、3人から「署名収集委任状」を受けた協力者が手分けをして署名を集める。

 各市町選挙管理委員会によると、発議に必要な署名数は岡谷市845人、諏訪市826人、下諏訪町350人。署名には名前、生年月日、住所、押印(母印も可)が必要。代表者3人は戸別訪問などで署名を依頼するとし、岡谷、諏訪両市で各千人、下諏訪町で500人を目標に掲げた。

 岩村町議は大型連休を利用して署名集めを加速したいとし、「(3市町で人口)12万都市をつくり、経済効率を上げたい」と述べた。

(4月27日)

長野県のニュース(4月27日)