長野県のニュース

井出氏、新党参加せず無所属で活動へ

 希望の党の井出庸生氏(衆院3区)は26日、民進党との新党「国民民主党」に参加せず、無所属で活動していく意向を信濃毎日新聞の取材に明らかにした。一方、希望の下条みつ氏(同2区)は新党入りを明言。県選出の民進系国会議員で新党に参加するのは篠原孝氏(同1区)、羽田雄一郎氏(参院県区)を含めて3人となった。

 井出氏は「民進、旧民主党出身者が多い希望の党が、民進党と再合流して力の結集を図ることは理解でき、尊重する」としつつ、自身が不参加を判断した理由について「昨秋の総選挙で、さまざまな葛藤を経て希望に行く大きな決断をした。その決断をなかったことにし、元に戻ることは納得し難い」と説明した。

 その上で「一連の政局から派生した四分五裂のいかなる動きにも関わらない」とし、単独で活動していく考えを強調。来年の統一地方選や参院選での連携を念頭に民進党県連の呼び掛けで22日発足した「信州連絡協議会」への参加も続け、「今後も協力できる人と協力していく」と述べた。

 下条氏は「できるだけ大きな固まりとなって主義主張を訴え、与党に相対する必要がある。憲法改正や安保法制に反対できる仲間がそろうと認識している」と語った。

(4月27日)

長野県のニュース(4月27日)