長野県のニュース

県内各地でメーデー集会 賃上げなど訴え

労働時間短縮などを訴えてデモ行進するメーデーの参加者=28日、諏訪市労働時間短縮などを訴えてデモ行進するメーデーの参加者=28日、諏訪市
 第89回メーデーの集会が28日、県内各地で開かれた。連合長野諏訪地域協議会などでつくる実行委員会は諏訪市文化センターで集会を開き、35単組の計約850人が参加。「真に働く者、生活者に寄り添った働き方改革を実現させる」などとするメーデー宣言を採択し、賃上げや労働時間短縮を訴えながらデモ行進した。

 実行委員長の中村広明・地協議長(50)はあいさつで、「賃金の底上げ、暮らしの底上げができるように闘っていこう」と呼び掛けた。行進に参加した精密機器メーカーの男性社員(41)=諏訪郡下諏訪町=は「会社側が残業時間短縮や休暇取得増加など働き方改革に乗り出しているが、本当にうまくいくか様子を見守りたい」と話していた。

 県内ではこの他、佐久、伊那、飯田、大町、安曇野、塩尻の各市で集会が開かれた。

(4月29日)

長野県のニュース(4月29日)