長野県のニュース

健やかな成長願い稚児行列 木島平・天然寺で御開帳

華やかな衣装で練り歩く子どもたち=30日午前10時58分、木島平村上木島華やかな衣装で練り歩く子どもたち=30日午前10時58分、木島平村上木島
 下高井郡木島平村上木島の天然寺で、7年目に1度の伝統行事「北向厄除観音御開帳(きたむきやくよけかんのんごかいちょう)」が30日まで2日間の日程で行われた。同日にはメイン行事の1つ「稚児練り行列」があり、きらびやかな衣装を着た2〜10歳の村内外の子ども167人が参道を練り歩き、境内は華やかな雰囲気に包まれた。

 同寺の観音堂の宝殿には、厄よけの御利益で知られる秘仏、千手観世音菩薩(ぼさつ)があり、御開帳はこの宝殿の扉を開く行事。水色や白、紫、ピンクといった彩り豊かな衣装の子どもたちは、保護者と一緒に30分ほどかけて約400メートルを歩き観音堂へ。秘仏を拝み、健やかな成長を願った。

(5月1日)

長野県のニュース(5月1日)