長野県のニュース

小平選手に松本市民栄誉賞 授与式と報告会

地元の子どもから花束を受け取り、メダルを見せる小平奈緒選手地元の子どもから花束を受け取り、メダルを見せる小平奈緒選手
 松本市は1日、平昌(ピョンチャン)冬季五輪で金、銀二つのメダルを獲得した小平奈緒選手(相沢病院)の市民栄誉賞授与式と報告会を同市のまつもと市民芸術館で開いた。小平選手は五輪の様子を語り、子どもたちの質問にも答え、大勢の人で埋まった会場は熱気に包まれた。

 授与式で菅谷昭市長は「日本中に明るい希望と大いなる感動を与えた」とたたえ、市民栄誉賞第1号として表彰状を贈呈。小平選手は出身校の信州大(本部・松本市)や市民の応援に感謝し、「これからも皆さんとともに記録や順位の先にあるものを目指して頑張っていきたい」と述べた。

 報告会では、五輪のレース前に韓国の李相花(イサンファ)選手と士気を高め合ったエピソードなどを紹介。子どもから「試合に負けて悔しい時はどうしますか」と質問を受け、「その気持ちが大事。悔しがったら次に自分に何が必要なのか考えて」と優しく助言した。

 この日は芸術館内の別会場でも中継があり、両会場に計約2千人が訪れた。

(5月2日)

長野県のニュース(5月2日)