長野県のニュース

赤・白・紫 松川町の台城公園でツツジ満開

公園内を散策しながら鮮やかなツツジを楽しむ人たち公園内を散策しながら鮮やかなツツジを楽しむ人たち
 天竜川を見下ろす高台にある台城(だいじょう)公園(松川町元大島)でツツジが見頃を迎えている。戦国時代に武田氏が築いたとされる城跡を整備した公園で、本丸と二の丸跡の間の堀に約5千株が広がる。大型連休に合わせ、1日も大勢の家族連れらが訪れ、園内を散策しながら赤や白、紫色の花を楽しんでいた。

 今年は開花が例年より1週間ほど早めという。ツツジの花で表現した「台城」の文字も見える。帰省中の娘夫婦や孫と一緒に訪れた青木ちふゆさん(74)=飯田市=は「東京に帰る前に見せたくて」。自宅でサツキツツジを育てているという中川村の原重信さん(81)は「台城はキリシマツツジが多いね」などと言いながら、花を眺めていた。

 3日は公園で午前10時から「台城つつじ祭」を開催。五平餅やおでんなどの屋台が並ぶほか、子どもらによる伝統芸能「きつねの嫁入り」、松川町出身の歌手藤和也さんのショーなどがある。

(5月2日)

長野県のニュース(5月2日)