長野県のニュース

長野出身の吹奏楽部員が縁 大阪桐蔭高が松本公演

長野市の小中学生が一緒に演奏した大阪桐蔭高吹奏楽部の特別公演=4日、松本市長野市の小中学生が一緒に演奏した大阪桐蔭高吹奏楽部の特別公演=4日、松本市
 大阪桐蔭高校(大阪府大東市)の吹奏楽部が4日、松本市のまつもと市民芸術館で特別公演し、1〜3年生約170人が出演した。トランペット担当の3年立川万里子さん(17)が長野市出身の縁で実現。マーチやワルツ、ミュージカルの楽曲などを披露し、立川さんは出身小中学校の後輩たちとの共演を果たした。

 ミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」の楽曲演奏では生徒らがステージを囲み、立川さんらがステージ中央でダンスを披露。SF映画「スター・ウォーズ」のメドレー曲などはステージ上で隊列を入れ替えながら演奏した。

 立川さんは長野市の昭和小学校金管バンド、川中島中学校吹奏楽部の出身。この日は両校の児童、生徒などが一緒に演奏する曲もあり、女子児童の一人は「(高校生が奏でる)音の迫力がすごかった」と喜んでいた。

 千人余が来場。立川さんは演奏後、「皆さんの期待に応えたくていつもより気持ちが入った。大阪桐蔭で頑張っている姿を見せられてよかった」と話した。

 大阪桐蔭高校吹奏楽部によると、立川さんが古里で演奏したい―との思いを抱いていたことから県内公演を企画した。「アルプス一周特別公演」と銘打ち、大型連休中、岐阜、新潟、石川各県でも演奏する。

(5月5日)

長野県のニュース(5月5日)