長野県のニュース

斜面

冷戦下の1960年代アフリカで起きた「コンゴ動乱」は、対立する勢力を東西両陣営が支援する国際紛争になった。国連軍を派遣したハマーショルド事務総長にソ連が反発。61年、同氏は調停に向かう途上で搭乗機が墜落し死亡する

   ◆

後任を巡って米ソの意見が衝突し国連は崩壊の危機に陥る。その渦中、ケネディ米大統領は部下の進言でロシアの著名作家クルイロフの「寓話(ぐうわ)集」の豪華複製本を印刷局に作らせた。そして会談したソ連のグロムイコ外相にこの中の一編を開いてみせた

   ◆

ある時、白鳥と川〓(かわかます)と蝦(えび)が荷車の運搬を引き受けた。白鳥は飛び立とうとし、蝦は後ずさりし、川〓は水に引きずり込もうと、死に物狂いで引っ張る。誰が間違っていて誰が正しいのか分からない。ただ荷車はそこにとどまったままだ―(中務哲郎著「イソップ寓話の世界」)

   ◆

北朝鮮問題にも当てはまる警句だろう。最近の動きは目まぐるしい。金正恩氏と習近平氏の再会談、北朝鮮が拘束していた米国人3人を解放、日中韓首脳会談…。だが各国が自らの利害のみに走って勝手な方向に引っ張るなら、非核化の荷車は動くまい

   ◆

クルイロフの寓話を読んだグロムイコ外相はケネディ大統領とともに腹の底から笑った。ソ連は間もなく譲歩したという。現実を距離を置いて見つめ、時に自分も笑いの対象にできる。そんな懐の深さが機知に富む解決を生み出すのではないか。今こそ政治家に望みたい風刺の精神である。

(〓は魚ヘンに師のツクリ)

(5月11日)

最近の斜面