長野県のニュース

金井氏、知事選出馬の意向 選挙戦が確実に

 任期満了に伴う7月19日告示、8月5日投開票の知事選で、新人で元上田市議の金井忠一氏(67)=上田市=が無所属で立候補する意向を固めたことが11日、分かった。共産党県委員会や県労連などでつくる「明るい県政をつくる県民の会」が金井氏に出馬を要請しており、金井氏を推薦する方針。15日にも記者会見し、正式表明する見通しだ。

 夏の知事選を巡っては、現職で2期目の阿部守一氏(57)が無所属で立候補すると表明。金井氏が出馬の意向を示したことで、選挙戦になることが確実となった。

 金井氏は取材に、自身が会長を務め、生活相談や貧困対策などに取り組む「県生活と健康を守る会連合会」や後援会と相談した上で最終決断するとしつつ、「前向きに考えている」と述べた。

 現県政について、「改憲をもくろみ、生活保護費を縮小するなど右傾化を進め、生活弱者への配慮をしない安倍政権から、県民を守る防波堤になっていない」と指摘。大北森林組合(大町市)の補助金不正受給事件を巡っては「県政始まって以来の不祥事なのに、阿部氏は責任を果たしていない」と批判し、「県民目線の県政にしたい」とした。

 金井氏は上田市下室賀出身。上田東高校卒業後、市内の会社勤務を経て1970(昭和45)年に旧上田市職員になり、95年退職。合併後の現上田市を含め市議を通算5期務めた。共産党籍を持ち、2014、18年の同市長選に無所属で立候補し、落選した。

 金井氏に出馬を要請した明るい県政をつくる県民の会代表委員の細尾俊彦・県労連議長は「金井氏は市職員や市議を長く務めており、経験が豊富だ。数多くの生活相談にも応じており、県民の暮らしに寄り添った活動を重ねている」としている。

(5月12日)

長野県のニュース(5月12日)