長野県のニュース

斜面

日本で指折りの人気コースになりそうな予感がする。妙高戸隠連山国立公園の地元市町村などが開設準備を進めているロングトレイルである。長野市の善光寺から飯縄、妙高、戸隠山にかけ「T」字型のルートにする方針を確認している

   ◆

ロングトレイルとは自然や歴史、文化を楽しみながら長距離を歩く道のこと。欧米では古くから親しまれ千キロを超える長大なコースも珍しくないという。日本ロングトレイル協会には全国15のトレイルが加盟する。うち5が長野県関連だ。近年は外国人観光客からも注目されている

   ◆

10年前に約80キロが全線開通した長野・新潟県境の信越トレイルは草分け的な存在だ。妙高戸隠のトレイルは、西は「塩の道」につながり、東は信越トレイルに通じる。信越県境の自然歩道の要になる。今年中にルートを固めてシンボルマークを決める

   ◆

古くから知られた信仰と伝説の舞台である。特に鬼だ。能「紅葉狩」で知られる鬼女紅葉、九頭龍社に祭られる九頭龍大神…。至る所で出合う。戸隠山の南西に頭をもたげる一夜山は鬼が一晩でつくったと言い伝えられている。酒〓(呑の異体字)童子も源頼光に退治される前、戸隠で暴れ回った

   ◆

信大名誉教授の堀井謙一さんは著書で、山に入り修行する修験者が里人からは鬼に見えたのかもしれないと書いている。〈鬼すだく戸隠のふもとそばの花〉蕪村。この地に集(すだ)き、群がり騒ぐ鬼たちを供に連れトレイルをたどれば楽しい一日になることだろう。

(5月13日)

最近の斜面