長野県のニュース

「旧陸軍登戸研究所」の調査研究会発足 駒ケ根などの有志

旧陸軍登戸研究所の学習会に参加した人たち=13日、駒ケ根市旧陸軍登戸研究所の学習会に参加した人たち=13日、駒ケ根市
 駒ケ根市などの有志が13日、太平洋戦争末期に同市などに疎開した旧陸軍登戸研究所について調べ、資料館設置を模索する調査研究会を発足した。会員は市内外の約30人。この日開いた学習会では、1989年に研究所について調査した赤穂高校(駒ケ根市)の平和ゼミナールで顧問を務めた木下健蔵さん(63)=駒ケ根市下平=が調査結果を報告し、50人ほどがメモを取りながら研究所への理解を深めた。

 同研究所は、諜報(ちょうほう)や謀略で使う兵器や資材を開発、製造していたとされ、本土決戦に備えて川崎市から駒ケ根市や上伊那郡宮田村、飯島町、北安曇郡松川村、池田町などに分散して移転した。

 木下さんは駒ケ根市内に移転したのは毒ガスや細菌兵器、特殊爆弾などを研究する部署だったと説明。「本土決戦で松代大本営(長野市)を守るために、ゲリラ戦を仕掛ける機材を研究していた」とした。駒ケ根市中沢小学校に実験器具が残っていたことや、同市東伊那小学校の日誌に1945(昭和20)年8月下旬に子どもが有毒チョコを間違って食べた記載があることなどを紹介した。

 高度な軍事機密だったために終戦と同時に資料のほとんどが処分された同研究所を赤穂高校生が調査してから約30年がたった。調査研究会は改めて証言や証拠を集める。地域の歴史を残すことを目指し、隔月で学習会を開き、語り部も育成する。

 市内の看護師女性(65)は「意識して目を向けなければ、ここで生まれ育っても研究所について知らない人もいる。命や平和の大切さを考えるためにも、資料館があるといい」と話していた。

(5月14日)

長野県のニュース(5月14日)