長野県のニュース

特急「あずさ」にもE353系導入 JR東日本、7月から

 JR東日本長野支社は16日、中央東線の松本―新宿間を結ぶ特急「あずさ」について、7月1日から1日10往復のうち3往復に、新型車両「E353系」を導入すると発表した。JRは3月、同区間を走る特急「スーパーあずさ」全便を新型車両に切り替えており、残りのあずさも将来は新型車両とする方針。

 E353系はカーブの際に車体を傾けて遠心力を緩和する装置が改良され、従来の「E257系」より乗り心地が良いのが特徴。新型車両の使用列車は上りがあずさ12、16、34の各号、下りが17、21、27の各号を予定する。新宿―甲府、竜王(ともに山梨県)間を結ぶ特急「かいじ」の一部(1日12往復のうち9往復)も新型車両となる。

 同支社によると、あずさとかいじで使っているE257系は今後改修し、東海道線などの東京―伊豆急下田、修善寺(ともに静岡県)間の特急「踊り子」で活用する予定。

(5月17日)

長野県のニュース(5月17日)