長野県のニュース

塩尻で大型犬など10匹逃走、全て捕獲 けが人なし

 16日午後4時10分ごろ、塩尻市北小野で大型犬が逃げていると、住民から塩尻署に通報があった。北小野地区の民家から大型と中型の犬計10匹ほどが逃げ出しており、市は防災行政無線で近隣住民に注意を呼び掛けた。同日夜までに塩尻署や市、県松本保健所の担当者らが捜索し、全て捕獲。けが人はいなかった。

 同保健所によると、犬が逃げ出した民家の男性はブリーダーとしての開業を目指し、民家敷地内の犬舎で27匹を飼っていた。逃げた犬は、1匹を除き、全て大型犬のボルゾイの成犬で、体長1メートル程度。脱走時は庭にいた。脱走防止用の高さ約2メートルのネットを張っていたが、男性が目を離した時に犬がネットを外し、逃げたとみている。

 県条例では犬を10匹以上飼う場合、県への届け出が必要だが、この男性はしていなかった。また、飼っていた27匹の中には、市への登録や狂犬病の予防接種がされていない犬がおり、同保健所はこの日のうちに改善を指導した。

 民家は国道153号沿いにあり、付近には住宅や畑がある。国道を歩く犬もいたという。1匹を捕まえた市臨時職員の男性(68)は「あまりほえず、人に慣れておとなしい犬だった」と話していた。

(5月17日)

長野県のニュース(5月17日)