長野県のニュース

殺人容疑でタイ人再逮捕へ 小諸の遺体発見

 小諸市滋野甲のアパートで住人のタイ人男性の遺体が見つかった事件で、小諸署の捜査本部が16日までに、同署が入管難民法違反(不法残留)の疑いで逮捕した、いずれもタイ国籍の男女3人のうち少なくとも一部を殺人の疑いで再逮捕する方針を固めたことが、捜査関係者への取材で分かった。

 殺害されたのはタイ国籍、職業不詳、タナチョークパンタクン・プーラモントリーさん(37)。4月29日夜、アパートを訪れた知人が遺体を1階居室で見つけた。同署によると、死因は胸などを刺されたことによる失血死だった。司法解剖の結果、自ら傷を付けていないことが分かり、殺人事件と断定した。

 小諸署は今月6日、入管難民法違反容疑で、いずれも住所不定、無職の、26歳と45歳の男2人と女(25)のタイ人3人を逮捕。捜査関係者によると、少なくとも一部がタナチョークパンタクンさん殺害への関与を供述した。3人は事件前、現場のアパートへの出入りがあったとみられ、少なくとも一部はタナチョークパンタクンさんと面識があった可能性がある。

(5月17日)

長野県のニュース(5月17日)

日付で探す

ジャンルで探す

ニュースランキング
本日のTop10(5/24 00:00更新)