長野県のニュース

県内春闘、賃上げ平均4673円 08年以降で最高

 県は17日、県内420労働組合を対象にした春闘の賃上げ妥結状況調査の第1報(4月23日現在)をまとめた。妥結した91組合の平均妥結額は前年同期673円増の4673円と3年ぶりに前年同期を上回り、2008年のリーマン・ショック以降で最高。県労働雇用課は「県内企業の業績が好調なことに加え、人手不足感が深刻で人材確保、定着を図ろうとした企業が多いのではないか」としている。

 企業規模別の妥結額は、前年同期と比較して従業員「千人以上」が91円上回る5638円、「300〜999人」は200円上回る4680円、「300人未満」が1318円上回る4375円だった=表。中小企業を中心に、前年同期を大きく上回る結果となった。

 全体の平均賃上げ率は前年同期を0・27ポイント上回る1・87%。妥結額は「3千円台」が20組合と最も多く、「4千円台」が17組合、「5千円台」が14組合と続いた。賃金体系全体を底上げするベースアップ(ベア)は65・5%に当たる57組合が獲得し、15年の集計開始以降で最高だった。

 県は6月中旬に第2報(5月末現在)、7月中旬に最終報(6月末現在)をまとめる予定。

(5月18日)

長野県のニュース(5月18日)