長野県のニュース

5月20日は「信濃の国の日」 県が記念日登録へ

 県は18日、「信濃の国」を県歌に制定した日「5月20日」を、日本記念日協会(佐久市)が認定する記念日に登録すると発表した。今年、制定から50周年を迎えることを記念した。県は今後も歌い継がれるよう、20日に松本市のアルウィンで周知イベントを催し、地元の小中高生らが県歌の演奏やダンスなどを披露する。

 県によると、「信濃の国」は当時の県師範学校(現信州大教育学部)教諭の浅井洌(きよし)が1899(明治32)年に作詞し、翌年に同校教諭の北村季晴(すえはる)が作曲した。1966(昭和41)年に県章やシンボルを定めた際、各地に広まった信濃の国を県歌に制定する機運も高まり、県が68年5月20日に県歌として決定し、県報で公告した。

 「県歌制定の日」は既に認定を受けており、今月20日に正式登録される。県広報県民課は記念日登録を「全県的に県歌を盛り上げるきっかけにしたい」としている。

 県は本年度、制定50周年記念事業を展開する予定で、既に特設ウェブサイト「未来へつなごう!信濃の国」を公開している。

(5月19日)

長野県のニュース(5月19日)