長野県のニュース

伊那市駅前から中央・南アルプスへ「デマンドタクシー」

 上伊那地方の飲食店主や山岳関係者らでつくる一般社団法人アスタルプロジェクトは7〜10月、JR伊那市駅前から中央、南両アルプスへ向かうデマンドタクシーを運行する。昨年、南ア方面行きを無料で試験運行し、有料でも乗りたいとの声が寄せられたため、2方面で本格実施する。18日、法人代表らが伊那市内で記者会見して発表した。

 運行日程は7月14日〜10月7日の20日間。毎週土曜と、月曜が祝日の場合の日曜に走らせる。8月11〜14日は毎日運行。前日の午後5時までに運行する白川タクシー(伊那市、電話0265・72・2151)で予約を受け付け、予約がなければ運休する。同市の中ア・桂小場(かつらこば)登山口行きは午前4時発で1人千円、南ア登山口にある同市長谷の宿泊施設・仙流荘行きは同5時発で1人2千円。

 アスタルプロジェクトは昨年、伊那市駅から仙流荘へ試験運行し、計19日間で39人が利用。全員にアンケートした結果、9割余が東京都や神奈川県、愛知県、大阪府などの登山客だった。全員が有料でも継続を希望した。約7割が市内の宿泊施設を利用し、経済効果もあったという。八木択真代表(39)=伊那市坂下=は「伊那市が二つのアルプスの玄関口というイメージをつくりたい」と話していた。

(5月19日)

長野県のニュース(5月19日)