長野県のニュース

大相撲の夏巡業長野場所「盛り上げたい」 御嶽海関がPR

夏巡業長野場所で予約販売する弁当を手に、笑顔を見せる御嶽海関=28日、長野市夏巡業長野場所で予約販売する弁当を手に、笑顔を見せる御嶽海関=28日、長野市
 大相撲小結の御嶽海関(木曽郡上松町出身)が28日、長野市を訪れ、8月5日に同市ホワイトリングで開かれる夏巡業長野場所をPRした。27日まで行われた夏場所を9勝6敗で終え、7月の名古屋場所は関脇への復帰が確実。長野場所も関脇として出場する見込みで、「盛り上げたい」と話した。

 長野場所は、北信地域の3農協などでつくる実行委員会の主催。この日、実行委員長の神農佳人・グリーン長野農協代表理事組合長と共に記者会見に出席した御嶽海関は、「名古屋場所の結果次第で、(長野場所が)盛り上がるかが決まる。(大関に昇進する)栃ノ心関に追い付けるように、2桁勝利を狙って稽古に精進したい」と述べた。

 夏巡業では、関取衆が子どもたちに稽古をつける「ちびっ子相撲」が、安全面を考慮した日本相撲協会の方針で一時的に休止となる。御嶽海関は、8月6日に諏訪郡下諏訪町で行われる諏訪湖場所を含め、「子どもたちは残念だと思うかもしれないけれど、各相撲クラブを中心に盛り上げてほしいし、自分も顔を出すなど支援したい」と語った。

 御嶽海関は阿部守一知事、加藤久雄市長も訪ねた。

(5月29日)

長野県のニュース(5月29日)