長野県のニュース

諏訪湖周3市町の住民グループ 合併協設置へ署名提出

諏訪市で集まった署名を平林市選管委員長に手渡す増沢市議(左)諏訪市で集まった署名を平林市選管委員長に手渡す増沢市議(左)
 岡谷市、諏訪市、諏訪郡下諏訪町による法定合併協議会設置の住民発議を目指している住民グループは29日、合併特例法に基づいて集めた署名を、3市町の選挙管理委員会に提出した。各選管は30日から6月18日まで、署名者が有権者かどうかなどを審査した上で19日から縦覧できるようにし、異議申し立てがなければ26日に署名数が確定する。

 確定数がそれぞれ有権者数の50分の1以上の場合、住民グループの代表者から請求を受けた3市町の首長は、法定合併協設置議案を各議会に付議しなければならない。

 発議に必要な署名数は6月1日時点の有権者数で確定する。直近の3月1日時点では岡谷市845人、諏訪市826人、下諏訪町350人。住民グループは29日、岡谷市で1358人、諏訪市で1823人、下諏訪町で1064人の署名を提出した。

 この日、諏訪市の代表者、増沢義治市議は市役所で平林圭治・市選管委員長に署名簿を提出。提出後、「一つの民意が示されたと受け止めている。合併推進の運動をさらに広げていきたい」と述べた。

(5月30日)

長野県のニュース(5月30日)