長野県のニュース

しなの鉄道 新造全車両にトイレ

しなの鉄道が導入するのと同モデルのJR東日本の車両。車いすでも使える洋式トイレを備えるしなの鉄道が導入するのと同モデルのJR東日本の車両。車いすでも使える洋式トイレを備える
 しなの鉄道(上田市)は31日、2019年度から順次更新する新造車両すべてに、車いすでも利用できる洋式トイレを導入すると明らかにした。1997年の開業以来、一部車両を除いてトイレがなく、利用者から設置を望む声が強かった。同社は「高齢者や外国人観光客の増加などに対応し、サービス向上につなげたい」としている。

 しなの鉄道が現在保有する115系の21編成56両は製造から約40年経過し、近年は故障も目立つが、JR各社で115系の廃車が相次いで部品の調達は難しくなっている。このため国、県、沿線11市町の負担も含む総事業費約110億円で、19年度から26年度に26編成52両の新造車両を導入する。使用電力は現在の半分程度、維持管理のコストもほぼ半減する見通しだ。

 鉄道車両メーカー「総合車両製作所」(横浜市)に依頼し、設計費などの圧縮が図れるモデルを採用する。JR東日本が既に使っている車両と基本仕様は同じ。主に朝夕の通勤や週末の観光用に、運賃とは別料金が必要な有料列車として想定する「ライナー車両」を3編成6両、一般車両を23編成46両購入する。ライナー車両は、20年7月の営業運転開始を目指す。

 しなの鉄道はこれまで、大規模な処理施設建設を伴い財政負担が困難―として車両へのトイレ導入を見送ってきたが、新造車両の場合、車内でし尿を真空状態に圧縮するため、処理施設は従来より小型で済むという。処理施設は、車両更新に合わせて戸倉駅(千曲市)の車両基地内に約1億円を投じて整備する。

(6月1日)

長野県のニュース(6月1日)