長野県のニュース

BC信濃 投手乱れマジック消滅

四回富山1死満塁、登板した信濃の2番手寺本(右から3人目)の周りに集まるナイン四回富山1死満塁、登板した信濃の2番手寺本(右から3人目)の周りに集まるナイン
 ルートインBCリーグは2日、県営富山球場などで4試合を行い、西地区首位の信濃グランセローズは同3位の富山に2―7で敗れた。同2位の福井が勝ったため、前期優勝へのマジックナンバーが消滅。福井とのゲーム差は1に縮まった。

 信濃の先発北方は5四球を許すなど制球に苦しみ、四回途中3失点で降板。五回は、2番手寺本が2死一、二塁からマクシーに3点本塁打を浴びた。信濃は六回に失策絡みで1点を返したが、直後の守りで3番手漆戸が1点を失い、突き放された。打線は富山先発の乾に13三振を喫するなど、つながりを欠いた。

 信濃は3日、埼玉県北本市の北本総合公園野球場で東地区4位の武蔵と対戦する。信濃の予告先発はパク。

(6月3日)

長野県のニュース(6月3日)