長野県のニュース

長野市議の男を逮捕 自転車に体液 汚損疑い

 長野中央署は5日、他人の自転車のサドルに体液を付けて汚損した器物損壊の疑いで、長野市伊勢宮2の長野市議、生出(おいで)光容疑者(28)を逮捕した。同署は認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は1月30日午後11時50分ごろ、北信地方の住宅敷地内で、駐輪してあったこの住宅の家人が所有する自転車のサドルに体液を付けて汚損した疑い。同署は容疑者と所有者に面識があったかどうか明らかにしていないが、これまで2人の間にトラブルは確認されていないという。同署が動機などを調べている。

 生出容疑者は北海道出身で、2015年9月の長野市議選に共産党から出馬、25歳4カ月余で初当選した。現在1期目で総務委員。

 市議会の小林治晴議長は取材に「正確な情報が入っておらず、何とも言えない。事実関係を確かめて対応を考えたい」とした。党市議団長の野々村博美市議は「弁護士を通じて事実関係を調べているが詳しいことは分からない」とし、7日の市議会6月定例会開会日に、市や市議会に「何らかの報告をする」と述べた。

(6月6日)

長野県のニュース(6月6日)