長野県のニュース

8月の信州総文祭盛り上げへ 岡谷で50日前イベント

書道パフォーマンスで信州総文祭をPRする諏訪清陵高校書道部書道パフォーマンスで信州総文祭をPRする諏訪清陵高校書道部
 8月7日から県内各地で開く全国高校総合文化祭「2018信州総文祭」の50日前イベントが17日、岡谷市の大型商業施設「レイクウォーク岡谷」の催事場であった。高校生たちが書道パフォーマンスやダンスなどを見せ、買い物客らに総文祭をPRした。

 諏訪清陵高校(諏訪市)の書道部は、総文祭イメージソング「ここに」の音楽を流しながら書道パフォーマンスを披露。横6メートル、縦3・3メートルの紙に、イメージソングの歌詞の一部を躍動感いっぱいに書き上げた。部長の藤森真梨子さん(18)は「たくさんの人が見学していて緊張したけれど、総文祭を盛り上げる力になれればうれしい」と話した。

 南信地方で開く各部門の紹介もあり、岡谷市の「放送」、茅野市の「自然科学」、飯田市の「人形劇」などへの来場を呼び掛けた。生徒実行委員会広報デザイン部会の関怜佳部長(18)=中野立志館高3年=は「知名度は上がってきたが、開幕までさらにPRしていきたい」と話していた。

(6月18日)

長野県のニュース(6月18日)