長野県のニュース

日本一の星空、阿智の消印に 国内外から押印依頼

阿智村が誇る星空やハナモモがデザインされた阿智郵便局の新風景印阿智村が誇る星空やハナモモがデザインされた阿智郵便局の新風景印
 阿智郵便局(阿智村駒場)は、各郵便局が一つ備えることができる独自の消印「風景印」を33年ぶりに新調し、18日から使用を始めた。「日本一の星空」を売りにする阿智村らしさを強調しようと、丸形ではなく星形にし、流れ星や、昼神温泉郷をイメージした温泉の湯気、村のシンボルとなっているハナモモなどをデザインした。村や観光関係者らは、村のPRにつながればいいと期待を膨らませている。

 同局のこれまでの風景印は恵那山トンネルなどをデザインした1985(昭和60)年8月作製の物で、村や「阿智☆昼神観光局」が新デザインを阿智郵便局に要望。今年3月にデザインが決まった。5月末に日本郵便のウェブサイトで公開されると、海外も含む500人近くから押印依頼があったという。

 阿智郵便局によると、風景印は各局が考え、日本郵便に申請する。一つしか認められないため、旧デザインの印は今月15日付で廃止された。

 新デザインを考案した観光局企画戦略部の宮沢尚美さん(37)は、村内の他の4郵便局の風景印づくりも検討しているという。

 阿智郵便局では、郵便物や台紙などに最低62円の切手を貼って直接持ち込むか、押印希望を明記し、封筒に入れて同郵便局に郵送する。問い合わせは同局(電話0265・43・2049)へ。

(6月19日)

長野県のニュース(6月19日)