長野県のニュース

元長野市議を再逮捕 10代女性にわいせつ疑い

 長野中央署は21日、長野市内で10代女性にわいせつな行為をしたとして強制わいせつの疑いで、元長野市議の無職、生出(おいで)光容疑者(28)=長野市伊勢宮=を再逮捕した。弁護士によると、容疑者は女性の体を触ったことは認めており、女性と面識はなかったとしている。

 再逮捕容疑は4月19日午後7時40分ごろ、市内の路上で、歩いて帰宅途中だった10代女性の体を触るなどわいせつな行為をした疑い。

 生出容疑者は今月5日、器物損壊の疑いで逮捕され、7日に市議を辞職。長野地検は21日、同容疑者を器物損壊罪で長野地裁に起訴した。起訴状によると、1月30日午後11時51分ごろ、同市の住宅の駐輪場に止めてあった他人の自転車のサドルに自身の体液を付けて汚損させたとしている。弁護士によると、起訴内容を認めている。同署によると、2事件の被害者は別人。

 再逮捕について、元市議が所属した共産党長野市議団の野々村博美団長は「事実なら議員としても人間としても許されない行為。市民の皆さまに対し、本当に申し訳ない」。同党の鮎沢聡県委員長は「議員、党員として絶対に許されない行為で強い怒りを感じる」と述べた。党県委員会は近く元市議の処分を決める予定で、除名する方向とした。

(6月21日)

長野県のニュース(6月21日)