長野県のニュース

軽井沢駅で「てるてる坊主」作り

色紙やポリ袋を使って、てるてる坊主を作る参加者色紙やポリ袋を使って、てるてる坊主を作る参加者
 しなの鉄道(上田市)は23日、軽井沢町の軽井沢駅構内にある「森の小リスキッズステーションin軽井沢」で、イベント「梅雨を吹っ飛ばせ! てるてる坊主を作ろう」を開いた。親子連れなど30人ほどが訪れ、色とりどりのてるてる坊主を作った。

 梅雨の時季でも楽しめる機会をつくりたいと企画した。赤や黄のペーパーフラワー用の色紙や透明なポリ袋などが材料。子どもたちはポリ袋に丸めた色紙を入れてリボンで結んで頭部を作り、フェルトペンで顔を描いたり、袋にシールを貼ったりした。雨がっぱを着たような、オリジナルのてるてる坊主が完成した。

 息子や娘計3人を連れて訪れた小諸市森山の小泉恵理子さん(32)は「カラフルなてるてる坊主のおかげで、雨の日でも明るくなれる気がします」と話していた。

(6月24日)

長野県のニュース(6月24日)