長野県のニュース

「暑ーい」信州ジャブジャブ水遊び 21地点で今年最高気温

横内中央公園の水路に入って水遊びをする子どもたち=25日午後1時ごろ、茅野市ちの横内中央公園の水路に入って水遊びをする子どもたち=25日午後1時ごろ、茅野市ちの
 県内は25日、高気圧に覆われて晴れ、気温が上昇した。日中の最高気温は飯田市南信濃で34・0度、飯田で33・4度、上田で32・4度、諏訪で30・9度など、30観測地点のうち18地点で30度以上の真夏日となり、21地点で今年最高を記録した。

 茅野市ちのの横内中央公園は、水路で水遊びをする親子連れでにぎわった。半袖姿の子どもたちは水しぶきを上げて走ったり、胸まで水に漬かったり。照り付ける日差しを避け、木陰で昼食を取る親子もいた。同市宮川の戸谷さやかさん(34)は息子(1)と訪れ、「帽子をかぶせ、しっかり水分補給するよう気を付けています」と話していた。

 長野地方気象台によると、26日もおおむね晴れる見込みで、予想最高気温は長野と松本が33度、飯田31度、諏訪30度、軽井沢27度。熱中症への警戒を呼び掛けている。

 一方、気象庁は25日、県内を含む関東甲信地方の3カ月予報(7〜9月)を発表。同気象台によると、県内の気温は平年より高い見込みで、降水量はほぼ平年並みを見込んでいる。

 7月前半は前線や湿った空気の影響を受けにくいため、平年に比べ曇りや雨の日が少ない予報。後半は太平洋高気圧に覆われやすいため、平年に比べ晴れの日が多くなる見込みだ。8月は平年と同様に晴れの日が多い一方、9月は天気が数日の周期で変わる見通しという。

(6月26日)

長野県のニュース(6月26日)