長野県のニュース

涼やか黒部ダム 色添える虹 観光放水始まる

黒部ダムで始まった観光放水。水しぶきに虹が現れた=26日、富山県立山町黒部ダムで始まった観光放水。水しぶきに虹が現れた=26日、富山県立山町
 大町市と富山県を結ぶ立山黒部アルペンルートにある黒部ダム(富山県立山町)で26日、今季の観光放水が始まった。ダムの壁面から勢いよく水が噴き出し、日差しを浴びて大きな虹が浮かんだ。

 河床から高さ116・5メートルの位置にある二つのバルブから毎秒計15トンを放水。ごう音を上げて落ちる水は霧状になって宙を舞い、2本の虹が見えると観光客は歓声を上げながら盛んにカメラのシャッターを切っていた。

 ともに長崎県五島市の会社員大久保浩太さん(28)、真菜美さん(28)夫妻はこの日、新婚旅行で黒部ダムを訪問。放水があることを知らなかったという浩太さんは「天気も良くていい日だった」。真菜美さんは「水しぶきの流れに合わせて虹が揺れてきれい」と喜んでいた。観光放水は10月15日まで毎日行われる。

(6月27日)

長野県のニュース(6月27日)