長野県のニュース

県内 初の6月梅雨明け

青空の下、プールで水を掛け合う子どもたち=29日午前11時39分、長野市の城山小学校青空の下、プールで水を掛け合う子どもたち=29日午前11時39分、長野市の城山小学校
 気象庁は29日、県内を含む関東甲信地方が梅雨明けしたとみられると発表した。関東甲信地方が6月に梅雨明けするのは、統計を開始した1951(昭和26)年以降初めて。平年より22日早く、昨年より7日早い。

 29日は梅雨前線が日本海に停滞し、南から湿った空気が流れ込んだ影響で、県内は大気の状態が不安定となり、長野地方気象台は全域に雷注意報を出して注意を呼び掛けた。正午時点で各地の最高気温は飯山33・7度、長野33・4度、上田31・6度、佐久30・9度など30観測地点のうち7地点で30度以上の真夏日となっている。

 この日、長野市城山小学校では、1年生の2クラスが今夏2回目の水泳の授業を楽しんだ。青空の下、子どもたちは水を掛け合ったり、潜ったりして大はしゃぎ。一方、中南信地方では雨の地域もあった。

 同気象台によると、大気の不安定な状態は30日も続く見通し。今後1週間は湿った空気の影響で曇りがちの日が多く、気温は平年より高い見込みで、熱中症への注意が必要としている。

(6月29日)

長野県のニュース(6月29日)