長野県のニュース

30日の県内、今年初の猛暑日 長野35・4度、飯山35・2度

6月の観測史上最高の31・9度を観測した信濃町。国道18号では路面に「逃げ水」が見られた=30日午後4時38分、信濃町野尻6月の観測史上最高の31・9度を観測した信濃町。国道18号では路面に「逃げ水」が見られた=30日午後4時38分、信濃町野尻
 県内は30日、高気圧に覆われて気温が上昇し、日中の最高気温は長野で35・4度、飯山で35・2度と、今年初めて35度以上の猛暑日となった。特に日照時間が長かった北部で気温が上がり、上水内郡信濃町で31・9度、東御で30・8度と、ともに6月の観測史上最高を記録。熱中症とみられる症状で救急搬送される人が相次ぎ、上田市では男性1人が重症のもよう。

 信濃町では強い日差しが照り付け、路面に「逃げ水」現象が見られた。同町野尻の国道18号を行き交う車は揺らいで見え、水面を走っているようだった。

 上田市では午後5時ごろ、引っ越し業者の男性(34)が車内で休憩中、意識がなくなった。上田広域消防本部によると、市内の病院へ搬送したが意識不明の重症とみられる。ほかにも長野市、上田市、松本市、安曇野市、埴科郡坂城町、下伊那郡阿智村で少なくとも計10人が病院に搬送され、うち中等症が3人、軽症が7人とみられる。

 1日も気温が上がる見込みで、長野地方気象台は熱中症などへの注意を呼び掛けている。

(7月1日)

長野県のニュース(7月1日)