長野県のニュース

高校野球長野大会開幕を8日に延期 雨の影響で

 県高校野球連盟は5日、第100回全国高校野球選手権記念長野大会に参加する選手たちの安全に配慮し、当初7日だった開幕日を8日に延期すると発表した。全85チームが参加して松本市野球場で行われる開会式は、8日正午開始となる。

 雨が7日まで降り続いた場合、選手や保護者、大会関係者が松本市野球場に集まるには危険が伴うと判断した。8日は松本市野球場で開会式と木曽青峰―長野吉田の開幕戦を行い、9日から松本市野球場、長野オリンピックスタジアム、上田県営、しんきん諏訪湖の4球場で1回戦がスタートする。予備日としていた13日も試合を行い、14日以降は当初予定通りの日程。

 県高野連などによると、第71回大会(1989年)と第79回大会(97年)で雨のため開会式会場を屋内施設に移したケースがある。開会式の日程そのものを変更したのは、全出場校が参加する方式に変更した第75回大会(93年)以降では初めて。県高野連の依田和浩・専務理事は「道路事情が良くない地域から移動しなければならない学校もある。事故が起こらないよう、安全を最優先した結果」と説明した。

(7月6日)

長野県のニュース(7月6日)