長野県のニュース

都市大塩尻高、中国の公立中高一貫校と姉妹校に

上海市甘泉外国語中学と東京都市大塩尻高の交流会。同高生徒が書道パフォーマンスを披露した上海市甘泉外国語中学と東京都市大塩尻高の交流会。同高生徒が書道パフォーマンスを披露した
 東京都市大塩尻高校(塩尻市)は、中国の公立中高一貫校、上海市甘泉外国語中学と姉妹校協定を結んだ。同中は日中の国交が正常化した1972(昭和47)年から日本語を教えており、生徒の短期研修や留学、教員研修など双方向の交流を進める。5日は交流の第1弾として1年生27人が都市大塩尻高を訪れ、歌やダンスを楽しんだ。

 協定締結は6月13日付。三浦章校長(62)が上海を訪れ、協定書に調印した。三浦校長は昨年北京市で開かれた教育フォーラムで各国の参加者に交流を提案しており、中学側が賛同した。

 交流会は講堂で開き、英語や日本語、中国語で両校の職員や生徒代表があいさつ。塩尻の生徒が書道パフォーマンスや空手、ダンスを披露すると、中国の生徒は驚きながら見入った。中国の生徒はステージ上で振りを交えて歌い、会場は手拍子したり、振りをまねたりして盛り上げた。

 「皆さん、親切で楽しい。日本語を上達させて交流を広げたい」と方〓(サンズイに皓)文(ほうこうぶん)さん(13)。生徒会長の3年水口慎太郎さん(18)は「みんな日本語が上手で刺激になる。上海にも勉強しに行ってみたい」と話していた。

 同高は本年度中にフィリピンやカナダの学校とも姉妹校協定を結ぶ。

(7月6日)

長野県のニュース(7月6日)