長野県のニュース

「信州総文祭」長野で30日前イベント

客席に手を振って信州総文祭をPRする桐山さん(中央手前)や篠ノ井高校吹奏楽部の部員たち客席に手を振って信州総文祭をPRする桐山さん(中央手前)や篠ノ井高校吹奏楽部の部員たち
 8月7〜11日に県内で初めて開く全国高校総合文化祭「2018信州総文祭」を控え、県高校文化連盟と県教委は10日、「30日前イベント」を長野市若里市民文化ホールで開いた。女子生徒4人による演劇を中心に進行し、その合間で全28の開催部門の代表生徒がステージ上や映像で魅力をPR。軽音楽部門と吹奏楽部門の生徒による合同演奏もあり、本番に向けて機運を高めた。

 会場には県内高校の生徒や保護者ら約450人が訪れた。篠ノ井高校(長野市)の吹奏楽部と東信地方の高校軽音楽部の選抜メンバーによるスペシャルバンドが部門の枠を超えて協演し、信州総文祭イメージソング「ここに」を奏でた。生徒実行委員長の桐山尚子さん(17)=伊那北高3年=は「泣いても笑っても残り30日。全力で駆け抜けていく」と話し、会場は拍手に包まれた。

 信州総文祭では県内17市町の会場に分かれ、合唱、吹奏楽、書道、ダンスといった部門ごとに活動成果を披露する。

(7月11日)

長野県のニュース(7月11日)