長野県のニュース

県内 11日夜遅くにかけて大雨の恐れ

 長野地方気象台は11日、県内で同日昼すぎから夜遅くにかけて、雷を伴った激しい雨が降り、大雨になる所があるとして、土砂災害や河川の増水などへの注意を呼び掛けた。1時間に30ミリの激しい雨が降る所があるとみている。

 同気象台によると、11日の県内は、午後から寒気を伴った気圧の谷の影響を受けて大気の状態が不安定になり、雷雲が発生しやすくなる。12日正午までの24時間予想降水量は多い所で60ミリ。これまでの雨で地盤が緩んでいる場所があり、土砂災害の危険性が高まるほか、ひょうが降る恐れもあるとしている。

 県内は12日も、湿った空気が流れ込んで大気の状態が不安定になる見込み。曇りで、午後は雷を伴い激しく降る所があるとみている。

 一方、小県郡長和町は11日朝、10日の大雨で水があふれた大門入大門(いりだいもん)地区の沢に近い3世帯13人に出していた避難勧告を解除した。沢の増水が収まったことを確認した。同町が入大門センターに開設した避難所に避難した住民はいなかった。

(7月11日)

長野県のニュース(7月11日)