長野県のニュース

斜面

「国民の命を守る」は安倍晋三首相の決めぜりふだ。「国難突破解散」と銘打った昨年10月の解散総選挙では、「北朝鮮の脅威からいかにして国民の命を守るかを問う選挙だ」と訴えた。野党の分裂にもつけ込んで思惑通りに大勝した

   ◆

あの熱弁と落差がありはしないか。多数の命が失われた西日本豪雨への対応だ。本紙「首相動静」は〈5日午後8時28分、東京・赤坂の衆院議員宿舎。自民党の若手国会議員と懇談〉と伝える。月1回の「赤坂自民亭」と呼ばれる懇親会で酒杯を傾けた

   ◆

この日は午後、気象庁が緊急会見し厳重警戒を呼びかけていた。夜には京都市が8万人に避難指示。6日は特別警報が8府県に出て安否不明者が増え始めたが首相の対応は見えない。甚大な被害が明らかになった7日、首相は関係閣僚会議で指示しただけ。午後は私邸で過ごした

   ◆

政府が非常災害対策本部を設置したのは翌8日朝。首相は「救命救助、避難は時間との戦いです」とあいさつした。この間、首相は濁流にのみ込まれた人々や街にどれほど心を砕いたのか。外遊を中止しての被災地訪問も、失地の回復策に見えてしまう

   ◆

5日の「赤坂自民亭」に出席した西村康稔官房副長官は同夜ツイッターで和気あいあいの面々を紹介し「いいなあ自民党」とつぶやいた。「間が悪い」で片付けられない。森友、加計問題で落ち込んだ内閣支持率が回復。秋の総裁選で連続3選が見えてきた首相を先頭に浮かれていないか。

(7月12日)

最近の斜面