国内外ニュース

ブランソン氏、転倒し骨折 カリブ海で自転車運転中

 【ロンドン共同】英ヴァージン・グループの創始者リチャード・ブランソン氏(66)がカリブ海の英領バージン諸島で最近、自転車で転倒し、頬骨を折るなどのけがを負っていたことが26日明らかになった。病院で検査を受けたが命に別条はなく、ブランソン氏は自身のブログで「目の前で人生がよみがえった。本当に死ぬかと思った」と振り返った。

 ブランソン氏は参加予定のチャリティー・スポーツイベントのトレーニングのため、息子らと自転車に乗っていた。辺りが暗くなる中、丘を下っていたところ、こぶにぶつかり、自転車ごと投げ飛ばされたという。

(8月27日0時30分)

国際(8月27日)