国内外ニュース

NY円、一時101円94銭 米当局者発言でドル買い

 【ニューヨーク共同】26日のニューヨーク外国為替市場の円相場は米連邦準備制度理事会(FRB)の幹部から追加利上げに前向きな発言が相次いだことでドル買い円売りが進み、一時は1ドル=101円94銭と約2週間ぶりの円安水準に下落した。

 FRBのイエレン議長が講演で利上げに意欲を示したほか、フィッシャー副議長ら複数のFRB幹部が年内の利上げを示唆し、早期利上げ観測が強まった。

 利上げペースが想定より速いとの見方が広がったことが嫌気されて、この日は株式相場も下落。ダウ工業株30種平均は一時約110ドル安まで値を下げた。

(8月27日7時51分)

経済(8月27日)