国内外ニュース

現在の収入、半数が「満足」 内閣府調査

 内閣府が27日付で発表した「国民生活に関する世論調査」によると、現在の所得・収入について「満足」「まあ満足」と答えた人は合わせて48・1%に上った。資産・貯蓄で聞くと計42・0%になった。いずれも毎年行う同様調査で2年連続して増加した。ただ、今後の生活見通しの設問では「悪くなる」が25・8%に対し「良くなる」は8・7%だった。

 住生活への満足度は計81・4%、レジャー・余暇生活は計62・2%でどちらも過去最高だった。内閣府の担当者は「春闘の賃上げや、就業者増が反映したのではないか」と分析している。

(8月27日18時30分)

暮らし・話題(8月27日)