国内外ニュース

首相、台風接近で帰国予定前倒し ケニア訪問

 【ナイロビ共同】第6回アフリカ開発会議(TICAD)出席のためケニア訪問中の安倍晋三首相は、台風10号の本州接近に備え、日本時間30日午前としていた帰国予定を前倒しする。羽田空港到着は29日深夜になる見通しだ。同行の萩生田光一官房副長官が27日、記者団に明らかにした。

 萩生田氏は「いまの日程では羽田空港が使えなくなる可能性がある。台風の国内対応に万全を期すためにも早く帰る」と説明した。

 首相は、ケニアのケニヤッタ大統領との首脳会談や大統領主催の夕食会など予定された日程を全てこなした後、現地に宿泊せず、速やかにケニアを出発する予定だ。

(8月27日23時30分)

政治(8月27日)