国内外ニュース

足止め邦人、国後離れる 船で根室へ

 北方領土  北方領土
 【モスクワ共同】ビザなし交流で北方領土・国後島を訪れた際にロシア当局から手荷物検査を受け、未申告の現金400万円が見つかったとして足止めされていた通訳の日本人男性が27日、島から出た。日ロ外交筋が明らかにした。

 国後沖に同日着いた新たなビザなし交流訪問団の船に乗り込んだという。早ければ28日に北海道の根室港に着くとみられる。

 男性は19日にビザなし訪問団の通訳として国後入りし、島を離れようとした際にロシア税関当局の調べを受けた。日本側はロシアが北方領土で管轄権を行使したことに抗議し、男性が早期に戻れるよう求めていた。

(8月28日0時25分)

国際(8月28日)