国内外ニュース

伊、美術館も地震の復興支援 入場料収益を寄付

 【ローマ共同】イタリア中部の地震を受け、同国の国立美術館や博物館で28日、入場料収益を地震で損壊した文化遺産の修復などのために寄付する支援活動が行われた。同国文化省によると、今回の地震で歴史的な教会など293の文化遺産が被害を受けた。

 「連帯を示すため、日曜日には美術館に行こう」。募金活動は、フランチェスキーニ文化相の呼び掛けで実施された。ローマ国立現代美術館の担当者はAP通信に「わずかだが意義のある貢献は、私たちの文化遺産を再発見する機会でもある」と話した。

 最大被災地アマトリーチェでは、サンタ・アゴスティーノ教会など歴史的建造物が被害を受けた。

(8月29日9時06分)

国際(8月29日)