国内外ニュース

クボタが農業ドローン参入 農薬散布のコスト軽減

 農薬を散布する、クボタの農業用ドローンの試作機=長野県大町市  農薬を散布する、クボタの農業用ドローンの試作機=長野県大町市
 クボタは29日、空中から農薬を散布する農業用ドローン事業に参入すると発表した。2017年中ごろに販売を開始する。手間やコストの軽減メリットを大規模農家に売り込み、20年度には売上高20億円規模の事業に育てる。

 大規模農家の農薬散布は、大型機器に乗って陸上から散布したり、産業用の無人ヘリコプターを使って空中から散布したりする方法がある。クボタはドローンを200万円程度で販売する方針で、無人ヘリコプターの1千万円規模に比べ割安で済む。

 記者会見した飯田聡専務執行役員は「超省力で農作業するニーズが高まっている」と指摘した。

(8月29日18時51分)

経済(8月29日)