国内外ニュース

仏大統領選の予備選へ舌戦 中道・右派の3候補

 フランスのサルコジ前大統領=27日、フランス・トゥケ(ロイター=共同)  フランスのサルコジ前大統領=27日、フランス・トゥケ(ロイター=共同)
 【パリ共同】来年4~5月のフランス大統領選を控え、中道・右派統一候補を決める予備選に、ニコラ・サルコジ前大統領(61)に続いてアラン・ジュペ(71)、フランソワ・フィヨン(62)の元首相2人が29日までに立候補を表明し、激しい舌戦が始まった。

 「国家の権威回復」を掲げるサルコジ氏は25日の集会で、イスラム教徒の女性用水着「ブルキニ」の着用を全国で禁止する法律の制定、テロ容疑者らを隔離して監視する「フランス版グアンタナモ収容所」の設置など、強硬策を打ち出した。

 これに対し、ジュペ氏は「国民間の反感をかき立て、扇動しようとしている」と強く批判。

(8月29日19時11分)

国際(8月29日)