国内外ニュース

元時天空、涙の引退会見 闘病「受け入れるしか」

 引退後の記者会見に臨む間垣親方。右は時津風親方=29日、東京都墨田区の時津風部屋  引退後の記者会見に臨む間垣親方。右は時津風親方=29日、東京都墨田区の時津風部屋
 悪性リンパ腫と闘病中で、25日付で現役を引退した大相撲の元小結時天空、間垣親方(36)=本名時天空慶晃、モンゴル出身=が29日、東京都墨田区の時津風部屋で記者会見を開いた。抗がん剤や放射線による治療を受けながら復帰を目指したが「治療が長引き、相撲を取る体力に戻すのは難しく、受け入れるしかないと思った」と涙ながらに引退の理由を語った。

 小結を3場所務めた約14年間の現役生活を「人間として成長させてくれた。同部屋の豊ノ島との三段目優勝決定戦(2003年初場所)は、昨日のことのように覚えている」と振り返った。

(8月29日19時15分)

相撲(8月29日)