国内外ニュース

サッカーの岡崎、本田が合流 日本代表、サイド攻撃を確認

 別メニューで調整する(左から)香川、本田、岡崎=さいたま市  別メニューで調整する(左から)香川、本田、岡崎=さいたま市
 サッカー日本代表は29日、さいたま市内でワールドカップ(W杯)アジア最終予選に向けて練習し、同日に帰国した岡崎(レスター)本田(ACミラン)武藤(マインツ)吉田(サウサンプトン)らが合流した。

 複数のグループに分かれてメニューをこなし、小林(川崎)柏木(浦和)酒井宏(マルセイユ)らはサイド攻撃の形を繰り返し確認した。清武(セビリア)と原口(ヘルタ)は30日に帰国予定。

 日本は9月1日に埼玉スタジアムでアラブ首長国連邦(UAE)との最終予選B組初戦を迎える。6日にはバンコクでタイと対戦する。

(8月29日20時26分)

サッカー(8月29日)