国内外ニュース

台湾映画をミュージカル化 宮本亜門さん、中国語で初挑戦

 29日、台北市内で記者会見する宮本亜門さん(右から2人目)ら。右端は魏徳聖さん(共同)  29日、台北市内で記者会見する宮本亜門さん(右から2人目)ら。右端は魏徳聖さん(共同)
 【台北共同】演出家の宮本亜門さんらが29日、台北市内で記者会見し、台湾で2008年に大ヒットした映画「海角七号」の中国語ミュージカルを来年5月に南部の高雄市の芸術祭で上演すると発表した。

 ニューヨークの劇場街ブロードウェーで活躍する宮本さんだが、中国語のミュージカルは初めての挑戦。日本以外のアジアでのミュージカル制作も初という。

 海角七号は、敗戦で台湾から引き揚げた日本人男性が書き残したラブレターを、現代の日台の男女が海角七号という地名を手掛かりに、相手の台湾人女性に届けるストーリー。

 宮本さんは「映画を見て号泣し、ミュージカルにしたいと思った」という。

(8月29日21時51分)

文化・芸能(8月29日)