国内外ニュース

遺族が青森の中2生徒の遺書公開 「いじめ、しないで」

 青森市立浪岡中2年の女子生徒(13)が列車にはねられ死亡した問題で、父親(38)ら遺族が29日、生徒の遺書の一部を公開した。「もう生きていけそうにないです。いじめてきたやつら、自分でわかると思います。二度としないでください」といじめ被害を訴えている。いじめたとする複数の生徒の名前もあった。

 遺書はスマートフォンに保存されていた。家族への感謝を記した上で「生きる価値ない。本当に13年間ありがとうございました」などと書き残した。遺族は公開理由を「いじめ被害が二度と起きてほしくない」とした。

 遺族は同日、いじめの有無などを調査するよう学校に要請した。

(8月29日22時40分)

社会(8月29日)