国内外ニュース

ルーマニア選手が陽性反応 リオ五輪重量挙げ銅メダル

 【ロンドン共同】リオデジャネイロ五輪の重量挙げ男子85キロ級で銅メダルを獲得したガブリエル・シンクレアン(ルーマニア)がドーピング検査で陽性反応を示し、国際オリンピック委員会(IOC)からメダルを剥奪される見通しであることが29日、分かった。同国の国営テレビが伝えた。

 27歳の同選手はリオ五輪でトータル390キロをマークし、イラン、中国選手に次いで3位に入った。薬物違反が深刻な重量挙げはリオ五輪でロシアとブルガリアが資格停止処分でチームとして出場を禁じられた。IOCによる08年北京五輪と12年ロンドン五輪の再検査でもメダリストの違反者発覚が相次いでいる。

(8月30日8時26分)

国際大会(8月30日)